税理士について優しく解説

納税は国民の義務で、働けば必ず納税をしなければなりません。
ただ、少しでも納税額を少なくしたいと思う気持ちは皆共通です。


会社員の場合、会社から税引きで給料が支払われ、わずらわしい手続きの全てを経理により処理されて預金通帳に振り込まれます。

個人企業や自営業などの場合は、個人で毎日の集計がされ、後は税理士に任せて適切な納税を行なうということが多いでしょう。

年々変わる複雑な税制は個人ではなかなか正しい理解が出来ず、税理士任せとなることが一般的です。

しかし、税理士に依頼すること自体も費用が掛かり、売り上げによって大きく差があります。この税理士報酬自体も大きな年間の経費となるため、それなりの効果がなくては依頼すること自体がデメリットとなってしまいます。


税理士は税の相談などを受けることと、適切な税の申告を依頼者に代ってそれを業務として引き受けるという仕事をしていますが、ただ単に申告のお手伝いをすれば良いということではなく、顧問として引き受ける依頼者側に立って有利な便宜を図らなければいけません。還付金の請求や様々な控除など、依頼者の節税となるようにアドバイスしなくてはいけません。

税理士に対する不安感を取り除くための安心情報満載です。

税理士の仕事は経理や申告に関する業務だけではなく、業務内の無駄の削減や、効率化、時にはコンサルティングのようなことが必要となります。

そのため、あらゆる角度から依頼者の経営状態を分析しなければいけません。


自社のお金の管理を任せるわけですので、財務内容や個人的な資産をすべて把握してもらう必要があります。ここでの隠し事は逆効果となるため、全てを明らかにして、いかに効率的な納税が出来るかを相談する必要があります。良い税理士選びのポイントは、次の通りです。
1、近すぎず遠すぎない距離で依頼する。

あまり遠い税理士さんは経費がプラスとなることがあります。

近い人だとプライバシーの問題があります。2、節税やコンサルティグのスキルが高い。

3、親切で丁寧な対応良い税理士さんに依頼するにはこれらの点を良く踏まえておくと良いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Yahoo!ブックマークに登録 このエントリをlivedoorクリップに登録 newsing it!